現在のカゴの中carticon

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 会社案内
  • お問いあわせ
  • 特定商取引に関する表記

野菜の煮汁活用法

美味しい低農薬野菜には多くの旨みが詰まっているものですが、その煮汁をそのまま捨ててしまうのはとてももったいないことではないでしょうか。こちらではあまった野菜の煮汁を活用する方法をご紹介します。

汁物の隠し味に 野菜が持つ魅力の1つは、主菜から副菜、汁物まで何にでもなるということです。汁物の具材として活用できるのはもちろんのこと、その煮汁はベースとなる出汁としても重宝できるものになります。例えば、フランス料理やイタリア料理、中華料理でも野菜の煮汁を出汁として活用するレシピは多いです。おすすめの野菜セットは和洋中問わず活用できる汁物のベースになってくれるのではないでしょうか。
出汁に活用 野菜の煮汁が出汁として活用できるのは汁物だけではありません。例えば、和食のメニューには出汁を活用するメニューがたくさんあり、炊き込みご飯や雑炊、高野豆腐といった味を染みこませるメニューに活用できます。他にも通販の宅配サービスでお届けする夏野菜の低農薬野菜セットをふんだんに使える、カレールーやハヤシライスルーの隠し味として利用する方法も人気が高いです。
そのまま煮詰めるのも 野菜に限らずその旨みを最も効率よく凝縮するためには、「煮詰める」という方法もあります。特に煮魚や煮物などは食材に味がしみているかどうかが、美味しさの分かれ目となります。つい調味料を使いすぎてしまうという方は、低農薬野菜で煮汁が無くなるまでぜひ煮込んでみてください。野菜本来の旨みで味付けを濃くすることで、調味料を控えた煮付け料理となります。

低農薬野菜を美味しく食べる際に、その旨みを活用しない手はありません。その旨みが凝縮されている煮汁を上手く活用してさらに美味しい料理を目指してみませんか?

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • 野菜の保存方法
  • 毎日食べたい野菜
  • 野菜お取り寄せのメリット
  • 栄養を効率よくとるには
  • 栄養を効率よくとるには
  • 美味しい野菜は良い土から
  • 野菜の色について
  • 野菜を無駄なくたくさん食べる方法
  • 野菜の煮汁活用法
  • 旬の野菜を通販で